2008年08月12日

北京五輪テニス錦織、杉山、初戦敗退





元記事

北京五輪男子テニスシングル、渡哲也と親戚の錦織圭が
1回戦ドイツのシュットラーと対戦

錦織は強敵シュットラーに対し第1セットを失い、
第2セットもミスを連発。最初の5ゲームを続けて失った。

ショットが決まり始め、第8ゲームに2度、
5−6の第12ゲームに3度、計5度のマッチポイントを跳ね返す。
タイブレークの末にこのセットを奪取した。

第3セットは背中に違和感を訴えてゲーム中に2度、
トレーナーを呼んで治療を受けたが、最終セット第9ゲーム、
フォアハンドをネットにかけて初戦敗退。

錦織は「本当に悔しい気持ちでいっぱい。いいプレーができていたのに…」


女子テニスの4大会連続出場の杉山愛は1回戦で
スロバキアのダニエラ・ハンチュコバに2−6、5−7の
ストレート負け。

「すごく悔いが残る。気持ちを切り替えて思い切っていきたい」
と女子ダブルスでの巻き返しを誓った。
ラベル:北京五輪
posted by ponsuke at 11:07| その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。